網膜剥離を放置するとどうなる?

網膜剥離を放置するとどうなる?

網膜剥離は眼球の中にある網膜が何らかの原因ではがれてしまい、ものが良く見えなくなるという目の病気です。
物が良く見えなくなるという症状だけなので、気が付かず放置してしまうことも少なくありませんが、網膜剥離は放置しておくとどのようなことが起こってしまうのでしょうか。

 

網膜は自己修復ができない

 

一度はがれてしまった網膜は、ただの切り傷や擦り傷と違い自己修復ができません。目の奥ではがれた網膜は、徐々にその範囲を広めていきます。

 

最初は小さな穴程度の網膜剥離ですが、適切な治療を受けずに放置しておくと、網膜剥離の範囲は大きくなっていきます。

 

症状が進行するとどうなるのか

 

網膜剥離の初期症状は、目の前に蚊のような小さな異物が飛んでいるように見える「飛蚊症」という症状が現れます。

 

また、目を閉じていてもまぶたの裏で光がちかちかと点滅しているように見える「光視症」という症状も見られます。
いずれも最初は小さな違和感程度なので、放置してしまう方が大半です。

 

症状が進行していくと、視界の一部が見えにくくなる視野欠損が起こります。視界に入れているはずなのに一部だけ見えなくなりますが、この時点で目に痛みはありません。

 

更に症状が進行すると、網膜剥離の範囲が広がっていき、網膜の中心部である黄斑部にまで及ぶと急激に視力が低下します。この時点で網膜の機能はほとんど失われてしまっており、最終的には失明してしまうこともあります。

 

網膜剥離は初期症状のうちに適切な治療を行うことで、治療成功の可能性があがります。症状が進行する前に病院へ行き、適切な診断と治療を受けましょう。