網膜剥離の治療方法〜手術編〜

網膜剥離の治療方法〜手術編〜

網膜剥離の治療法で最も多く行われているのが手術です。網膜剥離が広範囲に起こっている場合、手術ではがれてしまった網膜を元に戻します。

 

網膜剥離の手術

 

網膜剥離の手術は、専用の吸引カッターで硝子体内の出血を吸い取り、目に値が溜まってしまうのを防ぎながら、はがれた網膜を元に戻します。

 

網膜剥離は眼球内で起こっているので、眼球内を照らす眼内照明ファイバーで眼球内を照らしながら治療を行います。手術は数回行う場合があります。1回の手術につき1週間から3週間の入院が必要となります。

 

網膜剥離は手術をすることでほとんどの回復が期待できます。しかし、場合によっては手術をしても失明に至る場合もあります。

 

これを防ぐためには早期発見がカギとなります。早期発見をし、網膜剥離が進行しないうちに適切な治療を行うことで、手術の成功率もアップします。

 

手術後の経過観察

 

手術後、症状の進行がないか、術後の回復が見られるかなどといった経過観察が行われます。手術後に目を動かしても問題はありませんが、治療後に患部が落ち着くまでに1ヶ月から3ヶ月の時間が必要です。この間に経過観察が行われます。

 

術後1ヶ月は目の酷使を避ける必要があります。事務職などの場合は術後1ヶ月、重労働の方は2ヶ月後から仕事に復帰することができます。

 

また、日常生活の中では、術後1ヶ月の間は車の運転や運動、重いものを持つといった行動は避けるようにしましょう。目を使わない行動だと思っていても、思わぬ負担がかかってしまいます。