網膜剥離のセルフチェック方法

網膜剥離のセルフチェック方法

網膜剥離は放置しておくと失明に至る目の疾患です。しかし、初期の段階で早期発見をし、病院で適切な診察と治療を受けることで、治療の成功率がアップし術後の経過も良好となります。今回は、早期発見のための手掛かりとなる、網膜剥離のセルフチェック方法をご紹介します。

 

視界に蚊が飛んでいるように見える

 

網膜剥離の初期症状で多く見られるのが、蚊が飛んでいるように見える「飛蚊症」です。明るい場所で近くの物を見たり、白い壁や青空を見た時に、蚊のような小さな影が視界に映る症状です。

 

飛蚊症が起こっている時点での網膜剥離でしたら、適切な治療を受けることで治すことができます。症状に心当たりのある方は、まずは眼科で詳しい検査を受けてみましょう。

 

目を閉じるとまぶたの裏がチカチカする

 

目を閉じている状態で光が点滅する症状を「光視症」と言います。一瞬から数秒の間に光が走る場合、光視症の疑いがあります。これは、網膜が刺激されることで視野の中に光が走り、視界に光が見えるのです。

 

ものが歪んで見える

 

網膜剥離が目の中央部分にある黄斑部に近付くと、網膜の働きが低下し、比例して視野が欠損していきます。
ものが歪んで見えるのもその一つで、黄斑部が剥離すると起こります。この状態になると網膜剥離が進行している可能性があるので、すぐに病院へ行き治療を受ける必要があります。

 

視野欠損

 

視野欠損は、障害物がないのに視界の一部が見えなくなる症状です。何かを被せられたのかのように、視界の一部が見えなくなります。目の上部の網膜がはがれると視界の下部分が暗くなり、下部分がはがれると視界の上部分が暗くなります。