普段の生活の中でできる網膜剥離予防方法

普段の生活の中でできる網膜剥離予防方法

網膜剥離は日常生活の中で予防することができます。気が付いたら発症していて症状が進行していた、ということも珍しくないので、日常生活の中で気を付け、網膜剥離を予防しましょう。

 

目への衝撃や負担を防ぐ

 

網膜剥離の原因の一つに、目への強い衝撃があげられます。目に強い衝撃が加わると、眼球の一部が変化し、網膜が引き伸ばされてしまいます。引き伸ばされた網膜は破れてしまい、網膜剥離が起こります。

 

また、網膜剥離を発症しやすい方の傾向として、近視の方があげられます。近視の方は普通の方に比べ、眼球の奥行きが深くなっており、網膜が薄く引き延ばされた状態となっています。このため、網膜が破れやすく、網膜剥離が起こってしまいます。

 

これらを防ぐために、日常生活の中で目への衝撃や負担を防ぐようにしましょう。近くの物を見る時は一定の距離を開け、網膜が引き伸ばされないように注意したり、スポーツを行う場合は目を保護するようにしましょう。

 

食生活を見直す

 

人間は食事から栄養素を摂取します。網膜への栄養素も食事から摂取され、正常な働きが行われます。栄養不足になると目への栄養も比例して不足してしまい、網膜剥離の原因となる近視発症のリスクが高まります。食事はバランス良くしっかりと摂取し、目を健康に保つようにしましょう。

 

睡眠をしっかり取る

 

睡眠不足はイコールそれだけ目を使っている、ということです。目の酷使はピント機能を行う筋肉の疲れを引き起こし、近視になりやすい状態となってしまいます。毎日しっかりと睡眠を取り、目を十分に休ませてあげましょう。