黄斑円孔網膜剥離とは

黄斑円孔網膜剥離とは

黄斑円孔網膜剥離は、網膜剥離の一種です。網膜剥離は老化などで起こりますが、黄斑円孔網膜剥離は若い方でも起こりうる目の疾患です。今回は、黄斑円孔網膜剥離についてご紹介します。

 

黄斑円孔網膜剥離とは

 

黄斑円孔網膜剥離は、網膜の中心部にある黄斑の網膜に穴が開いてしまい、視力が低下してします疾患です。他の網膜剥離とは違い、黄斑部から網膜がはがれてしまうことで起こります。

 

黄斑円孔網膜剥離の原因

 

黄斑円孔網膜剥離の原因は高度の近視です。近視は、近くのものは問題だいなく見えますが、遠くのものはぼやけて見えてしまう状態のことです。近視になると目の奥行きが深くなり、それに伴い網膜も薄く伸びてしまいます。

 

国内の人口の60%以上が近視と言われており、その中でも重度の近視になると、薄く伸びきった網膜がはがれてしまい、特に弱い黄斑部から網膜がはがれてしまい黄斑円孔網膜剥離を発症します。

 

黄斑円孔網膜剥離の症状の進行

 

黄斑円孔網膜剥離が進行すると近視に加え、物を見る機能が低下し、正常にものが見えなくなってしまいます。
手術ではがれた網膜を元に戻すことはできますが、黄斑部に穴が開いているため、視力回復が思うように進まなかったり、ものが歪んで見えてしまう、見えない部分が残ってしまうという後遺症が起こります。

 

しかし、手術を行うことで血行が良くなるので、視力は回復し術前よりものの歪みは軽減されます。術後は定期的に病院へ行き、経過観察と適切な治療を受けることが大切です。