裂孔原性網膜剥離とは

裂孔原性網膜剥離とは

網膜剥離にもいくつか種類があり、症状の進行や治療法に違いがあります。今回は、網膜剥離の一種である裂孔原性網膜剥離についてご紹介します。

 

裂孔原性網膜剥離とは

 

裂孔原性網膜剥離は網膜剥離の中でも最も多く見られるもので、患者数が多い網膜剥離です。何らかの原因で網膜に穴が開き、その穴から目の中にある液化硝子体という水が入り込んでしまい、網膜の下に浸透し、網膜がはがれてしまうという疾患です。

 

裂孔原性網膜剥離の原因

 

裂孔原性網膜剥離が起こる原因としてあげられるのが、老化による目の機能の低下、網膜の委縮、外部からの目へのダメージがあげられます。

 

この中でも、網膜の委縮や外部からの目へのダメージは誰にでも起こることで、若年層や目に疾患のない方でも裂孔原性網膜剥離を発症する可能性があります。

 

裂孔原性網膜剥離の症状の進行

 

裂孔原性網膜剥離は、始めのうちは小さな剥離で、目に多少の違和感がある程度で済みます。しかし、症状を無視しておくと剥離はどんどん進行します。

 

この剥離は時間の経過と共に患部が広がっていき、網膜がどんどんはがれていってしまいます。穴が大きい場合、剥離は一気に進行し、症状は急激に悪化します。

 

急に目の違和感が出るようになったという場合、剥離が一気に進行していることがあるので、早急に病院で治療を受けましょう。

 

裂孔原性網膜剥離によってはがれた網膜は、栄養が充分に行き届かず、この状態が続くことで網膜の働きが徐々に低下していきます。

 

手術を行うことではがれた網膜を元の位置に戻すことはできますが、網膜の働きが低下している状態が長く続くと、術後の回復が遅くなる、視力が低下するなどといった後遺症が起こります。