中心性漿液性脈絡網膜とは

中心性漿液性脈絡網膜とは

中心性漿液性脈絡網膜は、網膜の真ん中に水が溜まり、ものが見えにくくなるという網膜剥離の一種です。今回は、中心性漿液性脈絡網膜についてご紹介します。

 

中心性漿液性脈絡網膜とは

 

中心性漿液性脈絡網膜は、網膜の中心部にある黄斑という部分に水が溜まることで起こります。黄斑は視力に深く関わっている部分で、目から入る情報を映像化するために欠かせない重要な器官です。この部分に何らかの原因で水が溜まると、目の中で水ぶくれのような状態となり、部分的な網膜剥離が起こってしまいます。

 

中心性漿液性脈絡網膜の原因

 

中心性漿液性脈絡網膜の原因としてあげられるのが目の酷使です。20歳から50歳の男性に多く見られる網膜剥離で、女性と比べて発症率は約3倍と言われています。働き盛りの方が発症しやすい傾向にあり、仕事で目を酷使する、睡眠不足で目が充分に休まっていない、ストレスが溜まり目の栄養が不足したり働きが低下することで発症します。

 

中心性漿液性脈絡網膜の症状の進行

 

中心性漿液性脈絡網膜は他の網膜剥離と同じく、視力の低下が症状として見られます。黄斑部の網膜の機能が低下することで、視界の中心部が他の部分に比べて暗く見えたり、物が歪んで見えてしまいます。

 

また、症状が進行すると、物が小さく見えたり、実際の色と違って見える色覚異常、遠視が起こります。中心性漿液性脈絡網膜は目の酷使やストレス、過労などが原因で発症するものです。予防するにはこれらの原因を取り除き、心身をリフレッシュさせることが大切です。