網膜剥離はどんな病気?原因は?

近年、人気のアイドルグループのメンバーが発症したことで注目されている網膜剥離という病気があります。
網膜剥離とは、一体どのような病気なのでしょうか。

 

網膜剥離とは

 

網膜剥離とは、文字通り網膜が何らかの原因ではがれてしまう病気です。網膜は目の中にある器官で、これがはがれることにより視野に異常が生じます。

 

網膜がはがれてしまう流れとして、網膜に穴が開き、そこから液化硝子体という目の中にある水分が流れ込んでしまい、網膜の下に水が溜まることで発症します。一度はがれてしまった網膜は、擦り傷やかすり傷のように放置しておけば治る、というものではありません。網膜剥離が起こったらすぐに病院へ行き、適切な治療が必要となります。

 

昔は網膜剥離が起こると失明に至る、と考えられていましたが、医療技術の発展と共に網膜剥離の治療法も確立し、現在では手術を受けることでほとんどの網膜剥離は治すことができます。

 

網膜剥離の原因

 

網膜剥離の原因は、老化、網膜の委縮、外部からの目へのダメージがあげられます。その他にも、アトピー性皮膚炎、強度の近視、遺伝などが原因で網膜剥離が起こることがあります。

 

ほとんどの網膜剥離は、網膜剥離となる原因を患者が元々持っています。何の前触れもなく網膜剥離が起こるということはありません。日常生活の中で、物の見え方に違和感を持ったり、何らかの不調が出た場合、すぐに病院へ行き治療を受けましょう。

 

網膜剥離は早く発見するほど治療の成功率や患者への負担が少なくなります。また、放置しておくと症状が進行してしまうので、少しでも変に思ったら最寄りの眼科へ行きましょう。

 

網膜剥離になると現れる症状は?

 

網膜剥離は、ほとんどの場合症状が段階的に進みます。まれに症状が一気に悪化することもありますが、初期症状のうちに病院で治療を受けることで、網膜剥離の進行を防ぐことができます。今回は、網膜剥離の症状についてご紹介します。

 

蚊のような影が見える

 

網膜剥離の初期段階で多く見られるのが、蚊のような影が視界にちらつく飛蚊症です。白い壁や青空を見ている時、近くの物を見ている時にこの症状が現れます。飛蚊症は他の病気や目の老化現象などでも見られる症状で、痛みもなく少しの違和感しかないため、網膜剥離と気が付かず見過ごしがちです。

 

強い光が走る

 

何の前触れもなく視野に強い光が走ることがあります。これは光視症と言い、視界に一瞬から数秒間の間、光が走っているように見えます。これは網膜が刺激されることで起こる現象で、光視症の一部の方は網膜に亀裂や穴が開いていることがあります。

 

視界が全体的に暗くなる

 

網膜がはがれて目の中で出血が起こると、視界全体が暗くなります。明るい時間帯でも視界が暗く見える場合、網膜剥離が起こっている可能性があります。また、この症状と一緒に飛蚊症の影が増えることがあります。

 

視野欠損

 

上の方の網膜がはがれると視界の下部分が暗くなり、上の方がはがれると視界の下部分が暗くなります。
視野欠損が起こっている場合、網膜剥離の症状が進行している場合があります。

 

ものが歪んで見える

 

網膜剥離が網膜の中央にある黄斑部に近付くと、黄斑部周辺にある網膜の働きが阻害されてしまい、視野に異常が生じます。やがて黄斑部の網膜がはがれると、ものが歪んで見えてしまいます。

 

網膜剥離に前兆ある?飛蚊症に注意?

 

網膜剥離は早期発見、早期治療を行うことで、治療の成功率がアップし、予後の調子も良くなります。早期発見のためには病気の前兆を見過ごさずに気が付くことが大切ですが、網膜剥離には前兆はあるのでしょうか

 

網膜剥離の前兆はあるのか

 

網膜剥離はある日突然、いきなり起こるものではありません。症状が進行して始めて気が付くという方が多いですが、多くの病気と同じく網膜剥離には前兆があります。

 

網膜剥離になりやすい傾向というものがあります。近視の方や毎日目を酷使する方は、網膜剥離になりやすい傾向にあります。近視の方は目の奥行きが深くなり、網膜もそれに引っ張られ薄く伸びてしまいます。薄く伸びた網膜は裂けやすく、網膜剥離を引き起こす原因となります。目を酷使する方も同様で、目を十分に休ませてあげない方や、連日のようにデスクワークで目を使い続ける方は、目の黄斑部にむくみが生じやすくなり、網膜剥離を引き起こします。

 

飛蚊症は網膜剥離の初期症状

 

飛蚊症は網膜剥離のごく初期の段階で起こるものです。まだ網膜のはがれが小さいもので、網膜裂孔という段階の時にこれが起こります。網膜裂孔は硝子体に網膜が引っ張られ、破れてしまうことで起こります。破れた部分はごく小さい範囲で、これが進行すると網膜の下に目の中にある水が流れ込んでしまい、網膜剥離となります。

 

飛蚊症は、明るい場所で近くの物を見ている時、白い壁や青空を見ている時に、視界に蚊のような小さな影がちらつく、という症状が出ます。ふわふわとした浮遊物が視界にちらつくだけ、というものなので、網膜剥離の初期段階としては見逃しがちです。しかし、この段階で治療を行うことで、治療や治療後の負担が少なく済みます。飛蚊症の症状が出た場合は注意が必要です。

 

網膜剥離は完治する?再発の確率は?

 

網膜剥離は、昔は一度発症すると失明してしまうと言われていた病気で、今でもそのイメージは残っています。実際に、一度はがれてしまった網膜は自分で治すことができず、放置しておくと最悪の場合失明に至ってしまいます。しかし、近年の医療技術の発展と共に、網膜剥離の治療法も進み、現在では網膜剥離は治せる病気となっています。

 

網膜剥離の治療成功率

 

網膜剥離はレーザー治療か手術の治療法で行われます。ごく初期の網膜剥離はレーザー治療で治し、剥離が進んでいる場合は手術ではがれた網膜を元の位置に戻します。

 

レーザー治療ははがれた網膜の周りをレーザー光線で凝固し、網膜剥離がこれ以上進行しないように防ぐ治療法です。日帰りの外来で受けられる治療で、時間も10分間と短く患者への負担も少ない治療法です。
凝固した患部が安定するまで1ヶ月ほどかかりますが、その間に目を酷使せずに定期健診をしっかりと受ければ、ほとんどの網膜剥離は治すことができます。

 

手術の場合、剥離の範囲にもよりますが、治療は数度に及ぶ場合があります。1回の治療で数週間の入院が必要ですが、最終的には95%の確率で網膜を元の位置に戻すことができます。手術での治療成功率は高く、ほとんどの網膜剥離は手術で治すことが可能です。

 

再発などはごく少ない割合

 

医療技術の発展とともに網膜剥離の治療法も確立され、現在では網膜剥離はほとんどの症例が治るものとされています。しかし、網膜剥離が酷く進んでいた場合、治療後に適切な検診を受けなかった場合などは、再発や治療が不可能となる場合もあります。

 

ただし、これらのケースはまれなもので、早期発見、適切な治療と経過観察、予後治療をしっかり受けるなどの対策をしておけばほとんど起こる可能性はないでしょう。

 

網膜剥離の予防に!アントシアニン・ルテインが良い

 

網膜剥離はものが見えにくくなる目の疾患の一つで、最悪の場合失明に至ります。網膜剥離は発症する前に予防をすることが大切です。一度はがれた網膜は元に戻せないため、治療には手術が必要となります。

 

手術は患者への負担がどうしても大きくなります。このようなことになる前に、普段の生活の中で予防をすることが大切です。網膜剥離の予防法にはいくつか方法がありますが、その中でも効果的に予防できる方法としてあげられるのが、目に必要な栄養素を摂取するという方法です。今回は、網膜剥離に効果的な栄養素をご紹介します。

 

アントシアニン

 

アントシアニンは自然界に存在する色素に糖が結合したものです。ポリフェノールの一種で、主にブルーベリーやぶどう、茄子やサツマイモの皮など、紫色の食べ物に含まれています。

 

強い抗酸化作用を持っており、摂取することで目の機能を向上させる機能を持っているため、目の健康維持に欠かせない成分です。網膜剥離に対しては、毛細血管のトラブルを解消し、目に正常な栄養素を行き届かせるという役割を担っています。

 

ルテイン

 

ルテインはカロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持っています。食品ではほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれています。ルテインは目の水晶体と黄斑部の正常働きをサポートする栄養素で、目の健康成分の代表的なものとしてあげられます。

 

網膜剥離に対しては、強い抗酸化作用で網膜剥離の原因の一つである目の機能の老化を防いでくれます。ルテインは水晶体に直接効く成分なので、抗酸化作用のある成分の中でも特に網膜剥離に対して効果が期待できます。

更新履歴